LIVE

PEG vol.1 CIRCUIT BENDING
2018.6.16-17
KAMOE ART CENTER 101

PEG LIVE #001     回路をギュッとね!

日本を代表するサーキットベンダー、話題沸騰ピカルミンや神と対話する装置をはじめファミコンを改造した「ファミトロン」とドラムのエクスペリメンタルノイズハードコアユニット「ファミコン地獄」などで活躍する岐阜のKaseo。和太鼓と缶カラ三味線とサーキットベンドのバンド「世紀マ3」のメンバーであり、名機やオモチャ、日用電子機器を次々と、特にゲームボーイは100台以上ベンドし、さらにそれを全部使ってのパフォーマンスをするなど挑戦し続ける三重の谷浦朋文を迎えます。そして浜松からは、ぬいぐるみや空き缶、ケチャップの容器等に無理やり回路を詰め込んだ自作楽器で思わず踊り出してしまう愛らしいビートを繰り出すオシロスコッティの3名で回路をギュッっっとする楽しさを感じてもらえるライブになること間違いなし。それぞれの機材解説のコーナーあり、さらに前日のサーキットベンディングワークショップで作ったカウンターチャイムをベンドした「チャイミン」を参加者のみなさんで合奏するコーナーあり、子どもから大人まで大満足の内容です。ぜひ遊びに来てください!

日時:6/17 (日)    開場15:30  開演16:00
会場:鴨江アートセンター101(静岡県浜松市中区鴨江町1番地)
料金:予約1500円 当日1800円 学生500円 中学生以下無料
出演:Kaseo / 谷浦朋文(世紀マ3) / オシロスコッティ
飲食:parlor COTEF
予約・お問い合わせ:peg.hmmt@gmail.com
件名に「6/17ライブ予約」本文にお名前、人数、電話番号を明記してメールをお送りください。
またはこのページ最後にある予約フォームからお申し込みください。

※お車の方は近隣のコインパーキングをご利用ください。
※キッズスペースをご用意しています。また館内にはスロープ、オムツ替えシート付きのバリアフリートイレがあります。ベビーカーや車椅子の方も安心してお越しください。

◾出演者紹介◾

Kaseo        http://kaseo.theblog.me     twitter @kaseo_blog

1969年生まれ。岐阜県在住。既成の電子玩具などをハードウェアレベルでハッキングし、改造の限りを尽くすことで独自の楽器を新たに産み出す「サーキットベンディング」の手法を用いた表現で構成されるライヴパフォーマンスを展開。代表作にピカルミンなど。

 

谷浦朋文  http://centuryma3.hatenablog.jp     twitter @banzainuigurumi

1978年生まれ。三重県出身。サーキットベンディングを駆使するサウンドパフォーマーのひとり。ベンディングにおける「急所」にこだわった電子楽器と、それから発生する想定外の音を組み合わせてパフォーマンスを行う。和太鼓と缶カラ三味線とサーキットベンディングのバンド「世紀マ3」のメンバーとしても活動中。

 

オシロスコッティ  http://d.hatena.ne.jp/oscilloscottie

2000年ころより自作電子楽器を使った演奏活動を開始。ぬいぐるみや空き缶等に回路を無理やり押し込んだ強引さが最大の特徴。真空管好き。マイクロふとしもやってます。

 

ライブのお申し込みはこちらからどうぞ。