PEG?

NEXT PEG ↓↓↓

PEG vol.4   即興と作曲の間

7-10 February 2019 KAMOE ART CENTER

PEG TALK #001    PEG WORKSHOP #004   PEG LIVE #004

「即興」と「作曲」それはいったいどういうことなのでしょうか。
「即興」と「作曲」の間にはいったい何があるのでしょうか。
どんな違いがあるのでしょうか。または、ないのでしょうか。
様々な音楽がカテゴライズ(分類)されている現代ですが、
分類は分断ではないと思います。

「即興」(improvisation)と「作曲」(composition)の間を
自由に行き来し世界を舞台に一線で活躍する内橋和久さんをお招きし、
トーク、ワークショップ、ライブを通してみなさんと考え、感じ、
これから生まれる音楽が楽しみになる機会になることを願っています。

◾︎内橋和久さんより◾︎︎︎

「即興と作曲の間」長く即興演奏続けてきて、常に考え続けてきたことです。即興について話すことをある意味今まで避けてきたのですが、今回はいろいろ思っていることを話してみようと思います。って事で今回初めてこのテーマでトークとワークショップを2月に浜松で行います。一緒に考え、実践してみましょう。参加者募集中

まずはこの間にあるもの考えてみて!

「即興とデタラメの間」
「決まった即興と自由な作曲」「自由と束縛」
「子供の即興と大人の即興」
「楽器演奏できる人の即興とできない人の即興」
「モノマネと個性」「ソロ演奏とグループ演奏」
「即興という行為と即興音楽の間」
「アートとカテゴライズされる音楽」
「結果と過程どちらが大切?」
「即興性と構築性」
書いているうちに答えバラしてる自分に気づいています。
「即興音楽と作曲された音楽、リスナーとしての聴き方は?」
「頭悪い人の即興(作曲)と頭いい人の作曲(即興)」
「音楽と人格の関係」
テーマから外れそうになってきてます
「パクリとinspiredの間」
「パクリは悪?」
「作曲の必要な即興性と即興に必要な作曲能力」
「即興音楽と音楽的背景の関係」
「下手な即興と上手な即興」
「いい曲とつまらない曲」
「いい作曲とつまらない作曲」
「面白い即興とつまらない即興」
「良い即興と悪い即興」
「思い込みと実際の表現色(自己陶酔と客観性)」
「即興演奏を聞く、即興演奏を見る」
「即興演奏というジャンル」
「演奏する力と聴く力」
「合わせる合わせない」
「良い悪いと好き嫌い」
即興やる人がよく言うことの検証
「リズム出したらダサい?」
「調性があったらダサい?」
「合わせたらカッコ悪い?」
「メロディー吹いたらダサい?」
キリないけど思いついたら書いていきます


PEG -possible experimental gathering-

「ペグ」は音楽、音にまつわる事柄を軸に、様々な実験的表現を
実践、共有、模索するプラットフォームを目指します。

-peg-
・フック、掛け釘
・(物を固定するための)くぎ、(境界を示す)くい
・きっかけ、口実、とっかかり
・少量の強い酒


日々に潜む、生活するからだのまわりで起きている、ちいさな出来事。
ふわふわ漂っていたり、地面や水面にちらばっている「なにか」。

あなたが知ってる「なにか」、あの人が知ってる「なにか」。
誰かも知ってる「なにか」かもしれないし、誰かがこれから知る「なにか」。
そして誰も知らない未知なる「なにか」。

その「なにか」たちを、杭を打ったり壁に掛け釘を打つことで、
固定したり引っ掛けることができたら。
釘の上に板を置いて、乗せることができたら。
「ここにあるよ」と言うことができる。
それをみんなで眺めて、どんなふうに見えるかおしゃべりしてみたら、
気づかなかった「なにか」を見つけるかもしれない。

「音楽」とひとくちに言っても、その方法や捉え方は千差万別。
千差万別だけれど、それぞれは時間や場所を越えて複雑に影響しあっているのではないでしょうか。音楽または音、以外のことも複雑にからみあっているでしょう。

PEG -Possible Experimental Gathering-では音を中心に、
よく知られているもの、あまり知られていないもの、そこにあるけど気づきにくいもの、まだ名付けられていないもの、忘れられてしまったもの、今まさに生まれていくもの、これから生まれていくもの。ひとつひとつ手にとって、壁の掛け釘に引っ掛けてみて、位置を変えてみたり、掛けたまま動かして見たり、手をくわえてみたり…
たとえばそんなイメージで、試行錯誤したり切磋琢磨する場を作りたいと願っています。

いろんなアイデアを誰でも試してみる場。誰かのアイデアをみんなで鑑賞してみる場。そしてまた、未知なるアイデアが生まれていく場。
そんな、すべての人に開かれた表現の場を目指します。


主な活動予定

・独自の表現で活躍するゲストを招き、ワークショップ/ライヴ/トーク等を開催
・参加者のみで試行錯誤する、即興演奏を基本とした実験の実践(PEG LAB)を開催
・ウェブサイト、SNSでの情報発信
・活動記録をまとめた本を発行      等、流動的に活動していきます。


平成30年度スケジュール(詳細は随時発表します)

6/10   プレイベントin 雨の日商店街(豊橋駅前大豊商店街)
PEG vol.1
6/16   PEG WORKSHOP #001
6/17   PEG LIVE #001
7/29  PEG LAB #001

PEG vol.2
8/25.26  PEG WORKSHOP/LIVE #002
9/??         PEG LAB #002

PEG vol.3
10/??-??  PEG WORKSHOP/LIVE #003
11/??         PEG LAB #003

PEG vol.4
2019.1~3月 PEG WORKSHOP/LIVE/LAB #004

主催:parlor COTEF
企画:the strollers
協力:TEN-TO
平成30年度 みんなのはままつ創造プロジェクト採択事業